太陽光の照射量と日焼けの因果関係について

紫外線に含むa波は、ガラスを通り抜ける特質性を持っている為、部屋にいるときも日焼けのケースがあります。紫外線には、a波とb波があります。B波は雲や天気で防御できますが、それでも空に降っている紫外線の1つではあるのです。

1年のうち、紫外線の照射量が一番高いのは5月から9月にかけてと言われます。5月の陽光はまだまだ盛夏のような強さがなく、まだ紫外線の対処はいらないと考えている人も数多いようなんです。少しずつ薄着が多くなって、袖や、パンツの丈が短くなって来るので、そんな時こそ紫外線ケアが大事になるのです。

汗をかきやすいことも、夏の紫外線の対処方法で注目しておきたい所ですよね。日焼け止めクリームは汗で流れることがあるので、頻繁に塗って、日焼け止めのクリームの作用を保持するとよいです。

紫外線をカットする期待がどの位あるのかは、日焼け止めクリームにより変わるため、SPF値等をみて、自分に合うものを探します。SPF値の高めの日焼け止めクリームの1回多量に塗るより、値が少ないものをこまめにするのが日焼け止めの作用がよいといわれています。

日焼けどめクリームを付けるときは、肩や、鼻、額のような、紫外線を浴び続ける所は、何度も付けて下さいね。

AM10:00~、午後2時までのあいだが、紫外線が大変大量というのを踏まえ動くようにすると良いですよ。紫外線の強くなる時じゃなく、年間を通して、紫外線の予防を気にかける事が皮膚のためなのです。

紫外線対策にもアルケミー:http://www.tenement-funster.com/